ドレスシャツ(ワイシャツ)の値段の基準はどこか

こんにちはtonmaです。

ワイシャツを買う時に気をつけたいこと。

皆さんはワイシャツ※ビジネス用を着る時にどのくらいの値段のを
買ったらよいかわからない時ってありませんか?

仕事着にしても礼服用にしてもですが、
値段が結構幅があります。

A)1,000円台から2,000円までくらいのもの、

B)3,000円台から4,000円台

C)1~2万円台のもの

とありますが

私が今まで何種類か買ってきた経験、スーツ量販店で働いてきた経験ですと
知っているのは上記の価格帯です。

まずこの”A”と”B”の値段の差は何かといいますと、
単純に”縫製の工程数”が関わっています。

安いものほど縫い上げる工程数が少なかったり、直線的な縫い、ラインをしています。
そうなると着心地が良くない。肩周りが動かしにくい。お腹周りがだぶつく。
生地も薄くて透ける。

というわけです。

※ビジネス系スーツやドレスシャツというものは現在、
生地自体の値段よりも、工員さんの人件費が大きなシェアを占めています。
なので工員さんが一着にかける時間が単価に反映されるため、
より少ない工程数で縫われたものは、安く作れるということです。

なので形態安定加工とかは今は安いものでもついてるものが多いです。

”C”のシャツですけど、私の経験からですが、ブランド値段かな。
有名ブランドという価値の部分があるように思います。

着心地は確かに良いですが5千円クラスのものとそこまで変わりません。
カラーやパターンの独自性とかそういう部分に係っているように思います。
ここに至ると形態安定加工はなかったりもします。※表記がない。

もっと高いものとか、シルク製のとかは着たことがないのでわかりません。
そういうのはどんな感じなんでしょうね。



つまるところ、
いくらのドレスシャツがよいのかといえば、
経験から言うと”B”あたりの4,000円前後くらいのものがおすすめです。

※但しこれは週に3回以上着る人の場合ですね。1日の中で長時間着てみると
結構シャツの動きやすさというのが、仕事に影響します。

このくらいの値段ですと肩周りの縫製も動きやすくできており、
ストレッチとかもついているので、腕を上げ下ろしする仕事、PC仕事でも使えます。
ラインのきれいなシャツだと、かがんだりしてもシャツの裾がこぼれにくくなっています。


月に数回くらいであれば"A"あたりの安いもので良いと思います。
ただし、上着を着る場合であれば。
安すぎるものは生地が薄く透ける可能性もあるため
注意が必要です。
またガンガン使うと耐久性も他のに比べ劣るのでたまに着るくらいのペースがよいかと。


そして、何よりも自分の身体にあったサイズのものを選んでいただきたい。
そのうえで個人的にはストレッチ性と形態安定加工は欲しいところです。


勿論、安くて質の良いものも探せばあると思うのですが、
みつけるのが大変です。失敗をしながらやっとたどり着くのでは。
そこに達するまでの時間と労力が大変。

私は以前、安いシャツを買って、それがほんとに動きにくくて。
それからある程度値段は3,000円以上は出そうとしてます。
またブランドもののシャツで2万円くらいしてたものでもちょっとサイズが合っていなくて
着にくくて、結局お蔵入りしてしまったこともあります。

まだネットで買ったことはないのですが、
大手のスーツ量販店であっても2,000円くらいまでのものは
やはり動きにくい気がします。
※セールで通常4千円くらいのが安くなっていれば大丈夫だと思いますが。


※あと、余談ですが、ワイシャツの袖について
長すぎた場合は、袖をつまむクリップみたいのが売ってるので使ってみると良いかと思います。

あとカフリンクス(※ボタンの替わりに袖を止める器具)をつけるとボタンで留めるよりも
袖の劣化がしにくいので、シャツが長持ちしますのでおすすめです。


とこんな感じです。
これはあくまでドレスシャツの場合です。
カジュアルなシャツのものは需要や工場の規模とかも違ったりするので
上記の値段体系とは違ってくると思います。

あくまでも私の私見ですのでご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント