簡易版、「染料」と「顔料」の違い

こんにちはtonmaです。

久しぶりに絵関係の話です。


材料編

皆さんは絵の具には大きく分けて

染料由来の色と顔料由来の色があるのをご存知でしょうか。


いわゆる色のもとになる部分なのですが、
これは色によって決まっているわけではなく

染料の赤色もあれば顔料の赤色もあるわけです。

土や石、鉱物からとったものや金属化合物とかいろいろあります。


それでは「染料」と「顔料」って何なのかといいますと


簡単に言えば、

色の粒の大きさが小さいのが「染料」

それよりも大きいのが「顔料」

です。


もっとわかりやすく極端に言うと

コンビニのコーヒーの汁は染料で

鉛筆とか木炭は顔料

ですね。

イメージ浮かびましたか?

コーヒーで画用紙に絵を描いたら
先ず消えませんよね。
洗剤とスポンジで浮かせれば何とか取れますが
割とくっついてくれています。
ただ、日が経つと退色しやすい。

一方、紙に鉛筆で書いたものは、
消しゴムとかでさっと消えますね。
これは紙の上に粒子の大きい顔料が表面に
浮いている状態だからです。
なので顔料を使った絵具はバインダーという糊剤を使用して固着するようにしています。


基本的には顔料のほうが値段が高く、
発色が良いといわれていて、退色しにくいので商業用のポスターとかのプリントでは
顔料が使われています。


インクジェットプリンターとかでも染料と顔料タイプがありますね。
あれはこういう理由で使い分けになっています。


なんかすっごく大雑把に言ってしまいましたが,
ポイントとしては粒子の大きさがちがうので布や紙に付着したときの繊維への食い込み方が
違うということですね。

マニアックなことを言うと
絵画に限って言えば「顔料」が優位に見えますが、

混色の妙というのがあって、ある物質Aが別の物質Bの色と混ぜた時に
本来なら発色の良いCという色ができそうなところ、くすんだ色になってしまうということがあります。
そうした制限の兼ね合いから「顔料と」「染料」両方が混在しているんだと思います。




とまあ、あんまり役に立つ話ではなかったかな・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック