雑談

こんにちはtonmaです。

突然ですがお聞きしたい

仮の話ですが、皆さんは、本業以外で趣味で絵を描いてたりした場合、不特定多数やそんなに仲良くない人にも、
公表したりしますか?

私は秘密にしています。
今まで働いてきた職場であっても面接で趣味を聞かれたときか、一人くらいしか言ってない。
若いときに短期のアルバイトで、同僚とかには言うこともありましたが、
20代前半くらいから控えるようになってきました。

『休みの日は何をしてるの?』

と聞かれて、ほんとは絵をかいていても、

『えーっと・・買い物とか?行ったり?』
『TSUTAYAで映画借りたり』

と答えるしかない。

絵を描いてるというと
様々な反応されます。

『へーそうなんですね。』
『なんか描いてよ』
『なにを描いてるの』
『儲かる?』
『今度見せてよ』
『・・・・。そういえばこないだ~』

多分純粋な反応なんですけど、

モチーフも特定のものがないため説明しにくい。

自分がプロではないという負い目から
いつしかなかなかやってますとは言えなくなってました。

あと、『○○の賞を取った』といってもわかる人が本当にいない。
業界の人の中でさえも特定のジャンルとかにしか多分通じない。

このギャップは受け入れるしかない。



今でこそ、ユニクロのTシャツになって有名なバスキアとかも
20年くらい前、すでに日本でも画集とか出ていたけど、おそらくほとんどの人に知られてなかったと思います。
※正直、暗いし一般受けするイメージではなかったから、なんでこんなに世間に受け入れられたんだろう?

バンクシーも昔は、伝説的に謎めいていて、クールですごいやつで、グラフィティなんだけど絵画っぽくて、
ブラックユーモアで誰も真似できないというイメージでしたが、
今はSNSのせいもあるのか、ちょっと大衆化されすぎてるというか、POPになってる気がしてます。

こういう『昔は~ーー』みたいな言い方って自分でも良くないとは思うんですが、
この件については、本当にカルチャーショックでしたね。

アンディウォーホルとか草間彌生とかってみんな昔から好きですけど、バスキアはねえ・・・不思議。


なんでこんなこと言うかというと、時代が変われば世間も変わる。なので、自分もやり続けたり、変わることも必要かなと。
自分の描いた絵を見せる場所がweb上にあっても良いのかなと。

今はネットでpixivとかでキャラクターのデジ絵(※デジタルツールで描いた絵)を出したりする場もありますし、
そこから商業デビュー、仕事を得る方も多いみたいなので。

時代の波に逆らうこともあれば利用するのも必要かなと。

デジイラスト、デジ漫画、音楽、ゲーム、アプリ、絵
フィギュア、配信

"雑談" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント