マイナポイント事業か

マイナポイント事業みんなやりますか?
マイナポイントというのは、政府の施策でマイナンバーカードと決済情報を紐づけして申請すると25%の還元が受けられます。最大5千円のポイント還元があります※2万円分買い物すれば5000円分のポイントが戻ってくる概算です。
クレカやQR決済などの情報と連携するのですが、消費行動上はマイナンバーカードに紐づけする意味をどう捉えるかですね。
ちなみに私は今のところ保留です。多分やらないかな。
やるのであれば支払いでの還元が期限2年以内とかで率50%5万円分のポイント還元とかにしたり、申請した時点で2万円分のポイントがもらえるみたいにしたいですね。
あとは毎年5000ポイントもらえるみたいな、早く申請することでメリットがあって更に持ち続けることにもメリットを感じる方法でないと、なかなか参加し辛いですね。

ただ、この施策だとマイナンバーカードを持たずにいろんなサービスが受けられるっていうこととは全く関連がないんですよね。
政府の用意した団体が税金を受け取って、それを決済業者に還元分振り分ける事業です。
もう少し先の未来も見せてほしい。

個人情報の漏洩で被害を被る人が多くなっている社会で写真や名前載せてるマイナンバーカードをコピーして書類に貼付したり掲示したりするのは個人情報を晒しすぎ、時代に逆行してる。
マイナンバーカードのアプリやトークンみたいなものか、券面に情報が書いてなくてマイナンバー情報に認証アクセスできる代用カードじゃないと普及しない気がします。
ちなみにマイナンバーカードに重大な犯罪歴とか教員免許の取得歴など情報義務付けすれば良いのにと思います。教員免許をとったことないけど教員やってる人がいたり、犯罪で懲戒免職なっても他の県行って採用試験受けられたりしますから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント