もし無人島に3つ持っていけるとしたら

こんにちはtonmaです。


もし無人島に3つ持っていけるとしたら


よくある話。


ノーマルな状態は
服装は軽装(いわゆるTシャツ、ジーンズにパーカー、足元はスニーカー)
リュックには手帳とボールペン

この程度

ここにあと3つです。

但し、電話とかPCなどの通信や情報機器は除きます。
あと人間ものぞく。

私は

・ライター 火を起こす

・ナイフ 食べ物を切る。道具を作成する

・野菜の種 食糧確保、環境調査

ですね。


まぁ、これはそもそも無人島にいくっていう目的で想定しているので
いわゆる定住するか、脱出するかっていう選択によって変わっていくと思います。

私の場合は定住タイプですね。

野菜の種ていうのは
それで食べ物を確保するっていうことと、島の中で植える場所を変えてみて、
その土壌に適した作物がわかるんじゃないかと。

自分が持ってたこの野菜の種でいけるか、いけないかで
その島の土壌のタイプが見えてくるのではないかと。

そしたら、自生しているものの中で育てたり、持参したものを特定の場所で育てたりといったことが
できるのではないかと。

もしくは卵を産む鶏なども良いですね。



皆さんはどうですか?



ちなみに数週間内に脱出タイプだったら、

・ライター 火を起こす。体力の消耗を抑えられる。

・ナイフ 道具作成

・ビニールのボート 脱出、移動用


とかですか。

短期的には島にあるもので食べられるものを探す。
毒のあるものは避けたい。
そして水を確保する。

水を作るときは海水からか、島の湧水か、植物由来からか、
煮沸するとしたら、火をつかって湯を沸かす。
その時ナベ的なものは大きい葉っぱとか木とかでいけるはず。
一応水を入れている場合は燃えないらしいので。


ルールから外れますが、ま、仮に人を連れて行くとしたら、
医療関係者か、自然に詳しい方が良いですね。

友達とかパートナーは逆に大変かもしれない。意見が相違したときにすり合わせられない。

なら自分よりも圧倒的に知識のある人がいてくれた方が良いです。
自分と似たタイプが良いのか、
自分と違ったタイプが良いのか。

生存の確率はどっちが高いのだろう。
似たもの同士だと0か100、違うものだとAかB

違うもののほうが生存確率50%

こっちなのかなー

でもそれと楽しく短く生きるってのはまた別だったリー・・・・






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック