tonma2017の安心ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 実際にあるんだなと思った話

<<   作成日時 : 2017/10/13 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは!tonmaです。

そういえば昔、私は接客販売業で働いていたことがあるのですが
これはその時の話です。


その日は、私は遅番で早番のシフトの人と2時間違いで出勤したんですが、
出勤するとなんだかお店の雰囲気が暗い。
というか、なんかあった感じがするというんでしょうか。
そういうのって伝わってくることありますよね。

何かトラブルがあったのかな、と感じながら仕事していたんですが、
休憩の時間に、店長がすっと話しだしました。



その日の朝、開店してからある客が来店しました。
上顧客というわけではないのですが、常連の方らしく、年齢は50代くらいで貫禄のある感じの方だそうです。
同伴の方がいたかは失念しました。

その時、その方についたのは入社してから2カ月くらいかな、年齢は20代後半の女性で話し上手というわけではありませんが、まじめで一生懸命に取り組む同僚の方でした。
おそらく普段であればその客と面識のある従業員、いなければベテランの従業員が付いたはずなのですが、ちょうど手が空いていたのが彼女だけだったようです。

それで、いろいろ商品について説明を行いお買い上げいただくこととなりました。
それで、いざ会計の段になり




・・・・・・・・・・・・・・・・・でした。




金額については納得されていました。


ただ、そのお店ではレジはあるんですが、なぜか店員が手書きですべての細目(一点ごとの商品名、数、値段、それが何割引きになって合計額の表記、ポイント利用分、総合計)を伝票に自ら書き、それを口頭で説明し、金額をもらい、レジに伝票の通り入力し控えを渡すという、二度手間以上の、本当〜に手間のかかることをしていました。

また、接客中、その方のほしい商品の在庫確認や入荷確認で系列店舗に即電話して確認するということもその時していた可能性もあります。


そのため、その客はちょっとイライラしているみたいでしたが、女性の方も一生懸命だったので我慢されていたみたいです。

※今になって思うと、その方が来店される時間というのは比較的早かったと思います。
普段であればフロアに一組いるかいないかくらいの時間帯です。
通常は遅番の人員が入るあたりから来客が増えてくるので、その方は用事があって急いでいた、もしくはほかの客がいないときに落ち着いて買い物したかったのかもしれません。


そうなると客の心理としてはマイナスからの入りになりますね。


ちなみにこの成約後の一定の手続きは全員が行います。
商品の数にもよりますし、早い人、遅い人がいますが、遅い人でも早い人の倍かかるというまではいかなかったと思います。
なので、その時はその客の心理状態、新人の方の説明の仕方やお店の手間のかかるシステムが重なってついにその客が怒鳴り散らしたそうなんですね。











『俺を!!・・・・誰だと思っている!!!!!!!』








!!!!!!?



とその人は言ったそうです。

正直、ドラマでしか聞いたことのない台詞が現実に存在したなんて




確かに同情する部分はあります。なんでこんなに待たされるんだろうって経験は、いろんなシーンで私含め皆さん何度も経験しているのではないのでしょうか。


みんな正しかったんだと思うんです。故意ではないと思います。
だからその話を聞いて、
「そうだったんですか・・・・・・・」

としか言えませんでした。
本当に現実に起きることって「えっ!?」ってこと多いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
実際にあるんだなと思った話 tonma2017の安心ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる